Blog & Column

伊藤裕子@心と体のカラーセラピスト

お金メンタルを見直す①「ない」は「ない」を呼ぶ

お金に関する悩みは、人間の三大悩み要素のひとつ。
お金に関しても、物理的なアプローチと心理的なアプローチは必要です。

実はお金は、あってもなくても恐怖心を生みます。

お金フィジカルを整えたら、次はお金メンタルを見ていきます。
(さらに予告しておくと、お金メンタルの次はお金マインドを見ていきます)

 ※ お金フィジカルの記事はこちら ※
 * お金フィジカルを整える① お金をコントロールする
 * お金フィジカルを整える② 自分を経理部長だと設定する
 * お金フィジカルを整える③ 1年をとおして把握する

ちなみに
【メンタル】とは、自分の意志は関係なく、今ある心の状態・調子のこと。
経験によって自然とすりこまれている価値観が根底にあります。

【マインド】とは、意志や価値観のこと。
自分でコントロールできる部分ではありますが、根底にあるメンタルの状態が影響します。

【お金メンタル&お金マインド】とはつまり、
お金と不仲になってしまう心の状態と、お金と仲良くなる心がまえのこと。

このコラムでは、
心と体のカラーセラピストとして、お金についてお話していきます。

お金メンタルを見直す

私たちの人生で起こることは、自分の思考が作り出しています。
意識していても、意識していなくても。

「類は友を呼ぶ」というように、
自分がそう思っていると、それを証明する出来事が起こったり、
自分が興味を持っていると、そういう情報が入ってきやすくなったりするのもそれです。

「当たり前」と思っていることは、当たり前に起こります。

それはお金も同じこと。

「お金がない」と思っているということは、「ない」が大前提にあるということ。
「ない」が大前提にあるので、ないのが当たり前。
すると【ない状態】が継続されるのです。

もしも当たり前が継続できなくなると、
私たちの意識&コントロールできないレベル(脳幹とか潜在意識とか)で混乱が起こります。

だからなんとかして、「大前提」が継続できるように、現実を「当たり前の状態」に戻そうという動きが起こるのです。

つまり
「お金がない〜〜〜!!」
といつも思っている人にとって、お金がないのはとても自然なことで、自分が呼び寄せている状態ということです。

言ってしまえば【意図通り】なのです。

 
反対に、お金がある人は「あるのが当たり前」で考え行動します。
「ない」に意識がいっていないので、ない状態を作り出したりしません。

「ない」は「ない」を呼び、
「心配」は「心配」を呼びます。

さて、あなたのメンタルは何を意図している状態でしょうか?

関連記事