Blog & Column幸せのカケラ

ラブ・マインド⑤ 自由に思い通り

愛はいつか情になるのか。
愛には期限があるのか。
結婚は制度でしかないのか。

いろいろな説があります。
それぞれ個人の解釈で見方によって変わるので、正しいも正しくないもありません。

ただ、それを証明するために潜在意識は都合のいい情報のみを収集するので
情報収拾をして証拠を集めた人にとってそれは、確固たる事実のような姿となります。

私たちの潜在意識は、とても優秀で厄介。
インプットしたものを証明するために情報を集め、私たちをそう行動させます。

インプットした情報が
「愛はいつか情になる」なら
2人の関係はだんだんとそういう形に変化します。

「だんだん相手を異性として見られなくなる」なら
配偶者は「愛する人」から「この子の親」や「同居人」になります。

「永遠の愛なんてない」なら
愛が冷める瞬間がやってきます。

ある意味、私たちは世界を自在に操っている。
自由に、思い通りにしているのです。

関連記事