Blog & Column

伊藤裕子@心と体のカラーセラピスト

美肌テクニック② 肌荒れ改善メンタル・テクニック

心と身体は繋がっています。
だから、体の一部である肌にも心の状態は現れます。

【肌荒れメンタル&美肌マインド】とはつまり、
肌荒れしやすい心の状態と、美肌をつくる心がまえのこと。

心と体のカラーセラピストとして
美肌テクニックをフィジカルテクニック・肌荒れメンタル&美肌マインドの面からお話していきます。

取り入れたいフィジカル・テクニック

スキンケアは「◯◯配合」よりも「△△(毒素)が入っていないもの」を基準に選ぼう。

どんなにいいものが配合されていても、ひとつでもお肌に悪いものが配合されていたら、肌は綺麗になりません。

自分の肌につけるものには何が入っているのか。
食品添加物と同じように、化粧品にも添加物が存在します。

肌荒れメンタルを見つける

肌荒れは、心が荒れ、自分を責めてばかりいても起こります。
心の状態や言動は、身体の表面に現れます。

まじめで責任感が強い人。
人のせいにせず、無理して自分ひとりでがんばっちゃう人。
そういう人は、うまくいかなくなると必要以上に自分を責める傾向にあります。
それだけでなく、自分の価値をも疑ってしまう。

すると心が荒れ、肌荒れという形で表面化してしまうのです。

美肌マインドをつくる

肌が荒れているのならまずは「今こんな状態なんだね」と、自分の肌に寄り添ってあげることです。
ただそのまま、ありのままを認めること。

「荒れてる」「ダメだ」「もっと高い化粧品使わなきゃ」なんて思う必要ありません。
評価や分析はNGです。

そのままを認めず、自分を評価したり分析したりしているとき、物事はスムーズに進みません。
逆にあるものをただ認めたとき、物事は変化し始めるのです。

心と体はつながっています。
心はその持ち主になんとか気づいてほしいから、いろいろなサインを送ります。
だから美に意識がいく女性は、肌がそのバロメーターのひとつになのです。

つまり肌が「自分を責めないで」と教えてくれているということ。

心の状態が変わったとき、肌の状態がどう変化しているか。
実践して観察してみてください。

関連記事