Blogブログ

幸せのカケラ

カラーセラピーとカラーテストはどう違うのでしょうか?

リュッシャーカラーテストは、自分は一体どんな人でどんなときにどんな風にストレスを感じるのかという思考パターンやストレスがかかりすぎるとどうなってしまうのかというストレスパターンを見ていきます。
それにより自分のコントロール方法がわかるようになり、ストレス対策を打てるようになるカラーテストです。
指定のツールを使用したデータ分析で世界各地の大学・病院・心理学者が60年間で8万人のデータを集め、研究・分析したものをもとにして確立されたもので、心理学に基づいています。
そのため、このテストの中で同じ色を好んだり嫌ったりする人は同じような思考パターンやストレスパターンを持っていることがわかっています。
一方、カラーセラピーは『気になる色』のボトルを選んでいただき、会話して自分の深層心理に隠されたもの、ご自身にとって本当に大切なものや必要な答えに気づいていきます。
そのため、同じ色を選んでも人によってたどり着く答えは違ってきます。
カラーテストについてはこちらをご覧くださいませ。

関連記事