Blogブログ

幸せのカケラ

ポジション(場所)の意味〜カラーセラピスト勉強会より

カラーセラピスト資格を取得して、「さぁやろう!」となった時に多くの方が最初につまずくのが
「どうやってキーワードを投げかけたらいいんだろう?」

単語単語なら言えるけど、クライアントさんにわかるように伝えるには?
文章の語尾をどうしたらいいの?
そんな問題を解決できるように…と作られたのが【色のキーワード&ワークショップ講座】です。

色のキーワード&ワークショップ

キーワードの投げかけは、ある意味カラーセラピストにとって永遠のテーマのような気もします。

初心者の方にとっては、まず何から言えばいいのかわからない。
ある程度言えるようになると、こんな細切れの単語でいいのかと思う。
段階が上がるとワンパターンになっている自分に気づく。
さらに段階が上がると限界を感じるようになる…

その都度学びが必要で、自分の知識や世界を広げていかなければならないなぁと思うのです。

何故クライアントさんがそこにその色を選んだのか、
どう言葉がけすればお客様が気づくお手伝いをすることができるのか。

それには、『色の意味』とともに、『ポジションの意味』もしっかり考慮していく必要があります。

というわけで、カラーセラピスト勉強会10月のテーマは『ボトルポジション』でした。

今日はオレンジに注目。

こちら「6ベーシック」で見てみると、左下にオレンジボトルが配置されています。
この位置が示しているのは、専門用語でいうと「スピリチュアル・エイムのサポートカラー」。

つまりブルーが象徴している目標をどう達成していくか。
オレンジとバイオレットに力を貸してもらおう、ということです。

まずはどんな夢を描き達成していこうと思っているのかをブルーを通してみていきます。
(長くなるので今は割愛)
そしてそうなるためにどうしていこうとしているのか。

ここがオレンジのポイントです。

このポジションにあるオレンジはあくまで【サポート】としての役割なので
「あなたは社交的ですか?」「人生楽しんでいますか?」「何かを企画していますか?」
という投げかけをすると、ちょっとズレる。

それだと「今のクライアントさんの状況・環境」を見ていくこととの違いがわかりません。

例えばもしそれが、「センセーションカラーセラピー」のセッションだったなら。
この写真のように、真ん中【現在】のところにオレンジったなら、その聞き方もひとつです。

社交的になりたいのかな?
人との交流を増やしたいのかな?
楽しむことがテーマなのかな?

けれど「精神的な目標をサポートするカラー」として読むのであれば、言い方が変わってくるのです。

(ブルーになるために)笑顔でいることを心がけるといいのかもね。
(ブルーになるために)どんどん人と出会える場に行くといいのかもね。
(ブルーになるために)大好きな人たちとご飯を食べに行ったり、楽しい時間を共有するといいのかもね。

カラーセラピーのセッションにおいて、基本となるのは『色の意味』と『ボトルポジション』。
この2つを組み合わせて伝えていくこと。

そうじゃなければ、どのカラーセラピーをしても、どこに置いてあるボトルに対しても全部同じ投げかけになってしまう。

セッションがワンパターン化し、行き詰まりを感じているカラーセラピストさんは、そこを見直してみるといいかもしれません^^

どんな人にも役割があるじゃない。
ポジションによって、伝えられることは違うじゃない。
それと一緒よ。

関連記事