Blogブログ

幸せのカケラ

プロフェッショナルな人は、自転車感覚を持っている

あなたは自転車に乗りますか?

長い間、自転車に乗っていなくても「乗れなくなってしまった」ということはほとんどありません。

「久しぶりだから、感覚が戻るまでちょっと危なっかしかった」ということはあっても、“乗れなくなってしまった”、“またゼロから練習を積み重ねなければならない”ということはない。
それは私たちが体で、感覚で、掴んでいるからです。

その感覚を掴めるようになるまで、私たちは何をしたでしょうか。

練習→失敗→練習→失敗→練習→失敗→練習→…ん?→練習→失敗→練習→失敗→練習→ちょっとできた→練習→失敗→練習→ちょっとできた→練習→失敗→練習→お…!→練習→…

ひたすら、この繰り返しだったと思います。
何度も何度も繰り返して、バンランス感覚を培うのです。

最初はなかなかうまくいかない。
でも乗りたい。
だから練習する。
転ぶ。
もう嫌だ~!
でもできるようになりたい。
だからやる。
ああ、うまくいかない…

そんなことを繰り返している時期が、実は一番、バンランス感覚を養っているとき。
だからこの時期なくして、その感覚を掴むことはできないのです。

そしてそのグラグラ期を経て、アップダウン期に突入します。

ちょっと成功する。
ちょっと楽しくなる。
 ↓
調子にのって失敗する。
うまくいった時と何が違うんだろう?
 ↓
やってみる。
失敗する。
 ↓
またやってみる。
今度は成功する。

そしてある時、スーッと乗れるようになるのです。

感覚を掴んでしまえば、もうそれは自分のもの。
体の中で掴んだものは、決してなくなることはありません。

だからたとえ数年間自転車に乗らない日が続いたとしても、私たちは自転車に乗ることができるのです。

これは、どんなことにも当てはまります。

しかし専門的な分野のものになると、途端に「できない!」「無理!」「難しい!」となる人が多い。

カラーセラピスト養成講座に通って、セッション練習をしたとします。
初めてするのだから、できなくて当たり前。

どう言葉を発したらいいのかがわからない。
クライアント役の人の話を聞く余裕がない。
次に何を言うかでいっぱいいっぱい。
話をどう膨らませていったらいいのかわからない。

セッション練習前に学んだことは「知識」です。
自分の感覚に落とし込めているわけではありません。

セッション練習をして初めて、自分の今いる場所が確認できます。

セッション練習は、自転車で例えるなら、初めて補助輪なしの自転車に乗ったときと同じ。
「思うようにできない」のは、当たり前です。

だから「私は◯◯だから、できない」「私にはこういう癖があるから無理」「先生は才能があるけど、私にはない」なんて考える必要はまったくない。
「できない」と決めつけるのは、自分の可能性を閉じるということです。

でも、『自転車』なんです。

グラグラ期を経てアップダウン期を超えた人だけが掴む感覚が、どんな世界にも存在します。
自分を裏切らずに進んだ人だけが掴める世界だから。

そんな感覚で物事と向き合えば、できない自分にもエールを送れるようになる。
あなたの応援団長は、あなた自身。

自転車は、あきらめなかった人だけが乗れるのです。
でもみんな、絶対に乗れるようになると思って練習したでしょ?

関連記事