Color Therapistカラーセラピストとは

人は「心」と「体」で構成されており、心のストレスが体の健康に大きな影響を及ぼします。

心の奥底に眠っている「本当の自分」に気づき、ケアし、大切にしてストレスを軽減させること。
そうやって、心も体も健康に自分らしく生きるお手伝いをするのがカラーセラピスト。

私は生き方に迷った時や、長期闘病生活を送る中で、心と体のつながりを体感しました。
原因不明とされた病気を癒すことができたのは、カラーを通じて心と体がつながっていることを知っていたからです。
そして向き合った結果、家族が一段と仲良くなりました。

伊藤裕子

現代日本において、心と体のつながりは、まだまだ認識されきっていない分野です。

悩みや不安、心配といった心のストレスが頭痛や神経性胃炎、肌荒れなどを引き起こします。
心のストレスを軽減させ、ブレない自分の軸をつくる。
それが精神的な成長へとつながり、最終的に心と体の健康へとつながっていく。

まさに「病は気から」。
これを『サイコ・ソマティック・メディスン』といいます。

『オルタネイティブ』と言われる代替医療。
「完全なる医療とは『心と体』の両面のケアが充分にできること」と定義される『ホリスティック』の考え方。

カラーセラピーを支えているのは、こういった分野のもの。
そして心理学・生理学・科学・脳科学・神秘学といった各分野の学問です。

自然は色で構成されており、人間も色でできています。
そして人間は、大自然によって生かされています。
だから『自然に還ると、人は健康でいられる』。
この考え方がカラーセラピーの原点にあるのです。

カラーの世界の楽しさと奥深さは、私たちをとても豊かな幸せへと導いてくれます。
 
 

カラーセラピスト/ティーチャー 伊藤裕子

スクールMENU一覧