Blogブログ

幸せのカケラ

色で人生が変わった私

私も含め、自分のことってわかっているようで意外とわかっておりません。
そもそも私が「人間て全然自分のことがわかってないんだな〜…」と思ったのは、カラーと出会ってからでした。

パーソナルカラーという、似合う色の診断を知ったのは学生時代。
母が「受けてきた!」と楽しそうに話しているのを聞いて、私も受けてみたいと思ったのが最初です。

けれどなかなかチャンスは訪れず。
何の因果か、気づけば私はプロになり、診断する側になっていました。

今の私しか知らない方からすれば笑っちゃうかもしれませんが、私は昔、ハードでかっこいい系を目指しておりました。
…というか、それが自分だと思っていたのです。
「かわいい」とか「ふわふわ」とか「やわらかい」とか、ほぼ無縁だと思っていたのです。

パーソナルカラーは基本的に色を4つのグループに分類します。
それぞれ【春】【夏】【秋】【冬】という名前がついているのですが、イメージがあってね。

【春】
春のお花畑のように明るくキラキラした色やパステルカラーが似合うタイプ

【夏】
紫陽花の花のような色や夏の朝もやのような穏やかなスモーキーパステルが似合うタイプ

【秋】
秋の紅葉のように深みと落ち着きのある色やアースカラー・スパイスカラーが似合うタイプ

【冬】
冬の夜空のようなダークな色、ネオンのように鮮やかな色・アイシーカラーが似合うタイプ

こんな感じにわかれているのですが、私は自分ともっとも縁遠いのが「春タイプ」だと思っていました。
だって明るくてかわいいし、キラキラしているし。
自分と無縁!って。

けれど蓋を開けてみれば、私は春タイプで。
その時私は、いかに自分のことを知らず、勝手な自己評価で生きていたのかということを知ったのです。

ちなみに。
似合う色について説明後、私はよくお客様に「どのタイプの色が多いとか好きとかありますか?」と伺います。
その時のおもしろいデータがここに。

「春タイプは絶対に違うと思う」と自己申告してくださる方の98%が春タイプ(笑)

伊藤裕子

「自分を知る」という体験をした私は、その後折につけ、自分を知ったり向き合ったりする機会を得るようになりました。

内面に関しても、やっぱりカラーで。
カラーセラピーやカラーテストは、自分に対する思い込みを瓦解させたり、新たな価値観に転換させてくれたりします。

物ごとを多角的に見られるようになるのは、自分の世界が広がっていくからとても楽しい。
縛られていた思考パターンから抜け出せるようになるのは、何とも言えず快感です。

そんな「気づき」や「自己対話」を長年ずーっとやってきました。
けれど、まだまだ気づいていない自分はたくさんいて。

自分が知らずに執着していることや、無意識に頑固になっていることはね。
他人との関わりで気づいていくしかないのです。

この作業に終わりはないんだな〜と思う一方で、やればやるほど、人間的には成長できるように感じます。
やらなくても生きてはいけるけれど。

「自分のことって全然わかってないんだな〜…」
そう気づかせてくれたカラーは、私の人生を大きく変えてくれました。

色で人生が変わるって、すごくない?

私の人生が大きく変わるきっかけになったカラーコンサルティング。

関連記事