Blogブログ

幸せのカケラ

不平不満と原因不明の体調不良

「私はこんなにやってるのにー!」とか
「こんなにがんばってるのに報われない」とか

がんばっているのに良いようにならないのは、あなたの頑張りが足りないからではありません。

がんばるところが間違っているか、
やっているつもりで本当にやるべきことをやっていないか、
仕方なしにやっていて心が伴っていないか、
持っているものへの感謝が足りずに相手に感謝を求めているからか、です。

愚痴を言う人のまわりには、愚痴を言う人が集まります。
自分のまわりには、自分と同じ人しか集まってこないから。

だからグチグチ言う人は、世の中の人みんな、グチグチ言ってると思ってる。

けれど、愚痴を言わずにあるものに感謝している人のまわりは、愛と笑顔に溢れているんだな〜。

自分が笑顔で、今あるものに感謝して過ごしている人のそばには、そういう人が寄ってきます。
またはそうなりたい人たちが寄ってきます。
(そうなりたい人は、すでにそういう気持ちがあるから、そういう人と出会うことができます)

グチ愚痴言う人はね、何だかいつも、体調不良に悩まされています。
そして、それに対してまた「どうして私が?!」と思っているわけです。

でも逆なんだなー…

体調不良は、何かに気づけというお知らせです。

もしも
「言われてみれば私、不平不満ばかり言っているかも…」
とあなたが気づけたら…

それは大きな一歩です。

愚痴を言わずに、あるものに感謝しなさいというお知らせだから。

家族を支えてくれているご主人
家を守ってくれている奥様

子どもたちが元気に学校へ行けること
親が元気でいてくれること

そんな当たり前だと思っていることは、本当は一切当たり前ではないから。

そこに感謝がある人とない人で、生活はガラリと変わる。

いかに、当たり前にかこつけて感謝せずに毎日を過ごしていたか。
気づくとゲッソリするけどね。
自分の不甲斐なさに。

でも
あるものに気づいた途端、何かが変わるのです。
それは、それに本気で取り組んだ人だけが知っているお楽しみです^^

関連記事