Blogブログ

幸せのカケラ

自分も知らない、自分のパターン

今月に入って、ちょこまかとリュッシャーカラーテストのデータ収集をしています。
老若男女、人生はいろいろ。

身近な人に対して「知らなかったな〜…」と思うことはたくさんあるのだと、カラーを通じてセッションを行っているとよく思います。
そしてそれは自分に対しても同様で。

改めて自分のことを見るきっかけをもらうと、漠然としたものが意識化されます。
それが実は大きな力をもっていて、少し行動が変わったり、人との関わり方が変わったり。
そうすることによって、今まで動かなかったモノ・コトが動き出したり、気持ちが変わって生きやすくなったりするのです。

あるご夫婦が、お二人でリュッシャーカラーテストを受けてくださいました。
お二人揃ってということで、「好き嫌い」を先に二人ともに選んでいただいてからの分析。

これがドンピシャリで、ストレスパターンや価値観がそっくり。
私もびっくり。

けれど一方で、同じパターンを持っていつつも、原因となっているものが違ったり、「今」の状態は違ったり。
そして自分1人では気づかなかったことでも夫婦で受けるからこそ気づけるがあったりと、私も新たな発見をさせていただきました。

リュッシャーカラーテストは、夫婦がお互いをより深く理解しあって支え合うためにも活用できるんだな、と実感できて嬉しかったです^^

つい先日は、70前後の女性3名に受けていただいたのですが、ここでもまた3人に似たパターンが出てきて。

この年代の女性が好んで選ぶ色。
その心理や価値観をどう分析するのか、どう言葉がけしていくのか。
そんなことを考え、学ばせていただく日となりました。

人間ておもしろい。
色って本当に奥が深い。

「色ってすごい」というのは、本当に、深く学んだ人ほど感じることなのではないかと思います。

引き続き、老若男女にご協力いただいてのデータ分析。
ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございます♪

「データ分析?いいよ〜、協力するよ☆」
と軽い気持ちで受けてくださるみなさまが、終わった後
「受けてよかった!やってみる!!」
と言ってくださるのが本当に嬉しい私なのでした。

関連記事