Blogブログ

幸せのカケラ

もっと美人になる方法

「外見に自信がもてない」
「もっと美人に生まれたかった」
「二重だったらよかったのに」

自分の見た目に自信がある人はそんなに多くなくて、どこかしら「もっと◯◯だったらいいのに!」と思っている女性はたくさんいらっしゃるでしょう。

私だってそう思う。
思ってた。
思ってる?

確かに足は長くなりません。
8頭身なんて夢のまた夢です。

でも、自分の持って生まれた素材の生かし方はちゃんとあって、「自信がないないない…」の人はそれを知らないだけなのです。

テレビや雑誌を見れば、綺麗な人、可愛い人がたくさん。
まぁ当たり前です。
それなりに見た目重視のお仕事ですから。

では自分のまわりを見回したとき、どうでしょう?

ものすごくパーツが整っている、天に愛されたような人もいるかもしれない。
けれど、そういうわけではないのに、ナチュラルに綺麗だったりかわいかったりする人っていませんか?
たいして着飾っているわけではないのに、上手に自己表現できている人、いませんか?

彼女たちとの違いは、自分のもっているものを知っているかどうか。
その生かし方を知っているかどうかです。

どんなに高い服を着ても、どんなにお化粧に時間をかけても、何か違う。

それは、ファッションだけで、またはメイクだけで自分を良く見せようとしているからです。

コーディネートとは、頭のてっぺんからつま先まで。
自分という素材がベースにあって、そこに洋服やメイクが乗るのです。

だから、素材を無視して表面だけ綺麗に整えようとしても、違和感しか生まれません。

パスタに醤油やお酢をかけて食べないでしょ?
トマトソースにするか、クリームソースにするか、ペペロンチーノにするか。
パスタという素材を生かすならそっちだと、私たちは知っています。

それと一緒です。

だから、外見に自信がもてないのなら、まずは自分の素材を知ること。
その素材の生かし方を知ることです。

自分の素材の生かし方を知りたい方はこちら>>

関連記事